ノア・スタッフからお伝えしたい、ちょっといいお話 vol.1

ノア・テニススクールのスタッフが教えてくれた、とても嬉しいお話

私が担当させて頂いている生徒様の中に、とてもお元気でイキイキしている方がおられます。

この方とは、よくお話をするのですが、今日のレッスン中の会話で

「私、話し相手がいなくて独り言が多いの。
ネコを飼っているからネコと話してるのよ。」
とおっしゃいました。

トレーニングジムには毎日通い、ノアインドアステージでは週2回、テニスを楽しんでおられるうえ、いつも楽しく周囲の方と話をしている方のため、「いつも話し相手が居ない」ということに、違和感を覚えました。普段のイメージとは違う印象に、思わず「どういう意味ですか?」と聞き返しそうになりました。

 

すると、その方が話を続けられます。

「実は、2年前に主人を亡くしたのよ・・・。最高の主人を。だから独り言が多くなってね。」

いつもニコニコとクラスのメンバーと話をして、コーチにもよく、ご自分から話しかけている明るい方なので本当に意外でした。

「夫は私にとって、最高の主人だったのよ。」
「ちょうど主人が亡くなって2年が経ったけれど、亡くなってからは、長く立ち直れずに楽しくない毎日を送っていたの。」

「気分が乗らなくて、毎日ずっと下を向いて歩いていたの。
でもある日、お買い物の途中に、たまたまノアのティッシュを貰ったのよ。」

「だから、思い切ってテニスを始めてみたの。」

「テニスを始めたら、お友達もたくさん増えて前向きになってきたの!
だから最近は、本当に毎日が楽しいわ!」

 

それを聞いて、私は思わず涙があふれそうになりました。
偶然にも、その時にティッシュを配布していたのが私でした。

「そのティッシュをお渡ししたの、私なんです!」と伝えると、
「ありがとう!あなたのおかげよ!!」
いつもの優しい笑顔が、さらにパーっと華やいだのです。

 

私たちがいつものように配っているティッシュを、手に取って頂き、それがきっかけでノアに通い始める。

それ自体はよくあることですが、ノアでテニスを始めたこと、そのものが、その方の人生の転機になる事が実際にあるのだなと体感しました。

そう考えると毎週顔を合わせている、他のお客様の中にも、こうした経験や想いを抱いて、ノアに何か居場所を求めて通って頂いている方が、おられるかもしれません。

言われてみれば確かに、ノアはその方にとって、「落ち込んでいた自分の居場所をやっと見つけた」ということだったのです。

ノアには、テニスを通じ、メンバーとの関わり合いを通じて、お客様同士の繋がりをお作りし、お客様の人生を明るいものに変える事が出来るチカラがある!!

コーチとして働く私自身、とても嬉しくなる出来事でした!

 

マンガでご覧になる方はコチラ>>

<<ちょっといいお話一覧に戻る

 

PAGE TOP