ノア・スタッフからお伝えしたい、ちょっといいお話 vol.5

アンケートに寄せられた「ちょっと嬉しいお話」

落ち込んだとき、悲しいときに・・

先日、お母様がご病気になってしまい急遽、帰省されるため年末で休会された方がいらっしゃったのですが、

その方(D様)が以前にご紹介してくださった知人の方が、たまたまご入会くださったので、そのことでいくつかD様への確認事項があり、恐縮しながらも久しぶりにご連絡をいたしました。

しばらくお電話を通して話をしている中で、お母様が亡くなられたことを告げられました。
以前からお母様のご病気の話を聞いていたため、すぐには言葉がでなかったのですが、
D様の方から

「4月からノアにもどりたいんです。」

「実は母は亡くなって・・・
本当は、すごく落ち込んでいてテニスができるかどうかもわからないけど、でも、テニスをしないとずっと落ち込んでしまいそうで・・・」

と、話してくださいました。

このお話を聞いたなかで、落ち込んだり悲しくてどうしようもないとき、どれだけの方が「ノアに来たい!」と思ってくださるだろうか、と考えさせられました。

友達や家族など、支えてくれる「人」はいても、気持ちを支えたり切り替える場所として、「ノア」がある方が、今の当校にどれほどいらっしゃるか・・・正直いってわかりません。
けれどD様にとっては、ノアが心の居場所になっているようでした。

D様は、他のスクールにも同時に通っていたそうですが、電話の後半で「ノアの方は優しくて・・・」と涙声で言いながら、「もう一つのスクールは、母の状況を伝えたのにも関わらず、いつ手続きにこられますか? と冷たく言われ、本当に悲しかったんです。」とお話しされました。

『「テニスを通して」幸せになっていただき、健康になっていただき、人生を豊かにしていただきたい!』

私たちノアが掲げる、まさにその想いがお客様にお伝えできた気がして、目の前に光が差し込んだようでした。そして、世の中には、楽しいことばかりでなくつらいこともたくさんあり、人それぞれの人生がありますが、今通ってくださっている生徒の皆さまにとって「ノア」が少なくともその一部にあるんだということを、改めて感じました。

 

マンガでご覧になる方はコチラ>>

<< ちょっといいお話一覧に戻る

 

voice_bn

PAGE TOP